髪の毛に自信がなくなってきたのならharg療法をしよう

5α還元酵素阻害作用

医薬品

脱毛予防や毛髪促進効果

成人男性に良く見られる髪の毛が薄くなる状態をAGAといいます。AGAになると外見上にコンプレックスを感じる人がとても多いです。しかし今ではAGAは治療できる時代となりました。福岡県のような都市部でもAGA専門クリニックがたくさんあります。福岡県の場合、福岡天神や博多などを中心にそのような医療機関を探せます。AGAでは薬を使った治療が一般的ですが、使用される薬剤の種類が少しずつ増えています。福岡のクリニックでも患者の症状に応じて、医師が使う薬剤を選択します。プロペシアもAGA治療で使われる薬です。プロペシアは商品名であり、主成分はフィナステリドが含まれます。プロペシアは、5α還元酵素の働きを阻害する作用を持ちます。5α還元酵素とは、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素です。AGAの患者ではこのジヒドロテストステロンの濃度が高いといわれており、脱毛を促してしまっているのです。プロペシアの5α還元酵素阻害作用で、ジヒドロテストステロンの生成を抑えて脱毛を予防します。ところでプロペシアは脱毛を抑えるだけなのかという疑問がありますが、臨床試験の段階で発毛効果が認められています。これはジヒドロテストステロンの生成が抑えられることで、毛周期が正常になるからです。プロペシアは1日1回服用でOKの薬であるため、毎日続けやすいと評判です。しかも服用タイミングは食前や食後でも構わないので、飲み忘れないタイミングで服用できます。