髪の毛に自信がなくなってきたのならharg療法をしよう

自然に髪の毛が増える

髪の毛

手術の種類と特徴

男性型脱毛症の治療のひとつに植毛があります。人工毛を埋め込む人工毛植毛と、自分自身の毛を埋めこむ自毛植毛です。ナイロンなどの合成繊維でできた髪の毛を埋め込む植毛は、昔よく行われていました。しかし、合成繊維でできた髪の毛を埋め込むと、人によっては、拒絶反応が出るリスクがあります。また、手術をしても数か月おきのメンテナンスが必要なのでコスパが悪いのもデメリットです。最近主流になっているのが自毛植毛です。自分自身の髪の毛を採取して、薄くなった部分に移植する手術で、アメリカでは一般的に行われいます。自毛植毛で移植するのは、もともと男性型脱毛症になりにくい髪の毛です。男性型脱毛症は、男性ホルモンの影響で発生します。そして男性ホルモンは、前頭部や頭頂部だけに発生しやすい特徴があります。それ以外の、後頭部や側頭部にはあまり発生しないので、男性型脱毛症になると、その部分は薄くならないのです。自毛植毛では、後頭部や側頭部の生まれつき男性ホルモンが発生しにくい髪の毛を、男性ホルモンが発生しやすいエリアに移植します。移植した髪の毛が、まわりの血管や神経とうまく結合すれば、自然に生えたり抜けたりを繰り返すようになります。自毛植毛の手術費用は高いと200万円以上します。しかし、生え際だけなど小範囲であれば、30万円くらいです。自毛植毛はメンテナンスがいらないので、手術費用が多少高くても長い目で見ると経済的です。